カードローン 借り換え

カードローンの返済に困ったら、借り換えをして返済を楽にしよう!

カードローンでお金を借りていると返済が苦しくなってしまうこともあります。それは毎月の返済額を大きく設定してしまったり、複数の会社からお金を借りていることで、一件一件の支払いが小さくても、返済総額が大きく膨らんでしまうことが原因です。

これぐらいなら大丈夫だろう、と強気で返済額を決めてしまうと後になって急な出費などに対応できなくなったりもします。そして何社からもお金を借りていると金利だけでもかなりの金額になってしまいます。それぞれの借入に金利が別々に掛かってくるので、払う利息が大きくなるのは当然のことです。

でも実は、そういった悩みを一発で解決する方法があります!それは別の会社のカードローンで借り換えすることです!今ある借金を別の会社から借りたお金で全て返して、新しい返済先にだけ払ってくという方法です。

こうすることで毎月の支払額を設定しなおす事が出来るので、無理のない返済額で返していくことが出来ます。しかも今まで何社かの金利が合わさって膨らんでいた利息も、1社への返済ならかなり小さくすることが可能です!

毎月いくつもの返済があると返済日もごちゃごちゃしてしまいますが、他社から借り換えてしまえば、そんな悩みだってなくなります。もちろん特別な申請なども必要ないので、安心してください。

これまで無理をしていた人でも毎月の返済額が小さくなって生活に余裕も出てきます。そうすることで返済もより確実になります。今まさにお金を返すことに困っているという方は、今の借金をもっと好条件な会社で借り換えて、毎月の返済を楽にしてください!

どう違う?カードローンとフリーローンを徹底比較!

フリーローンとは、金融機関などが取り扱う、お金の使い道が自由なローンのことをいいます。「お金の使い道が自由」という点が、住宅ローンや車のローンとは明らかに違いますね。では、同じく使い道が限定されない「カードローン」と、「フリーローン」はどう違うのでしょうか。

広い意味では、カードローンも「使い道が自由なローン」ですので、フリーローンの一種です。しかし、一般的には区別して使用されています。カードローンとフリーローンはよく似ていますが、はっきりとした違いがあります。

それは「返済中でも、新たにまた借りることができるか」という点です。カードローンの場合は、返済によって利用可能な枠が増えれば、またその金額を借りることができます。返済が滞っていない限り、枠の中であればいつでも何度でもお金を借りることができるのがカードローンです。

しかし、フリーローンの場合は一度借りたらあとは返していく一方です。元金の半分を返したからといって、その半分の金額をまた借りるということはできません。再度借り入れをしたい場合は、改めて契約をする必要があります。

こうして見ると、カードローンのほうが圧倒的に手軽で便利であることがわかります。しかし、もちろん良いことばかりではありません。それに、便利であるがゆえの落とし穴も存在します。

まず、カードローンの金利(手数料)は一般的にフリーローンよりやや高く設定されています。借りる金額が高ければ高いほど、そのわずかな違いは大きく生活にのしかかるのは間違いありません。審査については、わずかですがフリーローンのほうが通りやすいとされています。しかし、審査の基準はあまり変わらないので大きな違いはないでしょう。

そして、カードローンの何度でも借りられるという「便利さ」こそが、しばしば借金生活を長引かせる原因にもなっています。懐が苦しい時にいつでも手元のカードで借りられるのですから、ついつい「少しだけ…」と借りてしまいがちなのです。最終的には利息ばかりがふくれ上がり、返済が困難な状況になってしまうこともあるのです。

もちろん、お金をきちんと管理し、計画的な返済をしていればこんなことにはなりません。しかし、手軽に利用できるため「借金をしている」という感覚が染みつきにくく、さながらキャッシュカードを使うようにお金を引き出してしまうのです。カードローンで引き出せるお金は、あなたのお金ではなく「借金」であるという意識をしっかりと持ちましょう。クレジットカードにもいえることですが、けして自分のお金が増えたわけではないのです。

カードローンとフリーローン、どちらを利用するか悩んでいる人場合は、借りる額が小額で短期間のうちに返済できるならカードローンが利用しやすいでしょう。反対に、大きな金額をじっくり返していく場合は、フリーローンのほうが利用しやすいと考えられます。もちろん、カードローンでもきちんと返済する意思と計画性さえあれば、借金地獄に陥ることはないはずです。生活スタイルを考え、無理のない範囲で利用しましょう。

借金の繰り上げ返済に待っていた「落とし穴」とは…

カードローンでお金を借りた場合、毎月所定の日までに少しずつ返していくことになります。しかし、この金額で返し続けたら完済までに何年かかるやら……と、気が遠くなってしまうのも無理はありません。

決まった金額以上のお金を早めに返してしまう「繰り上げ返済」をすることで、完済を早めることができます。「借りたお金を早く返してしまおう」という考えや行動はとても立派ですが、繰り上げ返済のメリットとデメリットをしっかり意識しておかなくてはいけません。

繰り上げ返済のメリットは、なんといっても完済が早まること。そして、金融機関へ支払う利息の合計金額が安くなることです。返済時には「元金(借りたお金)」+「利息」を毎月支払うことになりますが、余裕のある月に少し多めに返済を行うと、その金額は元金に充当されます。利息は元金から計算して決まるので、元金が減ればその分、時間をかけて支払うより利息も安く済むというわけです。

もちろん金融機関はこの利息で儲けを出して経営しているので、利息が減ると金融機関にとっては損をします。そのため、たいていの金融機関は損をしないように「元本がなかなか減らないような工夫」をして、利益を確保しようとしているのです。

そして何よりも「借金がある」という状態は、借りている人の精神的なストレスや、時には社会的ステータスに支障をきたします。カードローンを利用していることで、何らかの品物やサービスの分割払いができない、ということもあるでしょう。特に最近はローンの審査が通る条件も狭くなっているので、こういった不便を抱えている人は少なくありません。お金を早く返し終わることで、気持ちの上でもかなり楽になり、毎日を安心して過ごすことができる。これも、ひとつの大きなメリットといえるのではないでしょうか。

しかし、繰り上げ返済をする上で気をつけなくてはいけないことがあります。それは、どんなに多く払っても、それは「今月分」の返済だということ。翌月分の返済日には、指定の金額を支払わなくてはならないということです。

早く終わらせたいばかりに無理をしてしまうと、翌月の返済日にお金が足りなかったり、生活費が足りなくなったり……そこでどうしようもなくなり「また借りる」ようなことになっては本末転倒です。先々のことまで考え、計画的な返済を心がけましょう。

失敗しない!あなたに合ったカードローンの選び方

カードローン事業者はたくさんあり、昔ほどではないにせよ至るところでコマーシャルが打たれています。さて借りようと思っても、どこで借りたらいいのか悩んでしてしまう人も多いはずです。

カードローンを行っている事業者は大まかに、「銀行(または信用金庫)」、クレジットカード事業を行う「信販会社」、「消費者金融」に分類されます。では、それぞれどんな違いがあるのでしょうか。

銀行のメリットは、なんといってもやはり金利(手数料)が安いことです。限度額も大きなものが多く、明確な目的がありまとまったお金が必要な時に向いています。ただ、審査は厳しめになっています。必要な手続きも多いので、人によっては敷居が高いと感じるかもしれません。返済方法は口座振替(自動引き落とし)が主流です。お金を口座に残しておけば自動的に返済ができるため、返しに行く手間などがありません。

続いて信販会社のカードローンです。クレジットカードのキャッシング枠と同じように利用できます。既にクレジットカードを持っている人であれば新規申し込みが不要ということも多く、手軽に利用しやすいという面があります。また、流通系のクレジットカーであればそのメインとなる顧客層、たとえば主婦や学生向けといったものもよくあります。返済は銀行同様、口座振替が主流となっています。

最後に消費者金融です。恐いイメージを持っている人もよく見受けられます。しかし、無理のない金額を借りてきちんと返済していれば、何も恐いことはありません。特に最近は法律も厳しくなっているので、各社ともかなり対応は丁寧です。消費者金融のメリットは、やはりカードの発行が早いこと。即日発効の業者も多いです。それに、銀行に比べ審査がゆるやかなことです。急に物入りでお金が少し足りない時など、短期間に少しの額を借りる場合に向いています。短期間で返せば金利が発生しないカードローンもありますので、上手に利用したいところです。ただし、金利は高めで限度額もあまり高くありませんので、大口のローンを組みたいという人には不向きです。返済方法は支店やコンビニのATMが主流です。

借り入れが複数あって返済が苦しい人は、思い切って一社にローンをまとめてしまうのもオススメです。「おまとめローン」などと呼ばれる、比較的低金利のカードローンを申し込み、複数のカードローンを一括返済してしまうのです。借りている業者が変わっただけで借金の額は減っていませんが、一本にまとめることでお金の流れがわかりやすくなり、管理しやすくなります。返済遅れも減るでしょう。また、借金をまとめたことによって支払う金利も長い目で見れば安く済むケースが大半です。

借金は癖になりやすいものです。借りられる枠があると思うと、お財布の中身が厳しいときはついついまた借りたくなってしまいます。それではいつまでたっても完済できません。特に枠が大きいと油断しがちですので、くれぐれも注意しましょう。返しては借りるを繰り返すほど、借りられる金額はなくなり、返済不能に陥ってしまいます。しっかりと計画を立て、毎月忘れずに返していきましょう。